偉大なる古代エジプトのファラオを日本にお迎えするための清祓式。会場は國學院大學 祭式教室。


 CMEモルゲンランドでは、ツタンカーメン王の「スーパークローン芸術®」作品を用いたプロジェクトの成功を祈願し、偉大なる古代エジプトのファラオを日本にお迎えするため、このたび「國學院大學 禮典研究会」において「ツタンカーメン王黄金仮面清祓式」を執り行って頂きました。

■ツタンカーメン王の黄金仮面清祓式

清祓を受けるスーパークローン芸術作品

清祓式は2021年5月23日に、國學院大學 祭式教室にて行われました。

CMEモルゲンランドが所有する126点の「スーパークローン芸術®」作品の中から、「ツタンカーメン王の黄金マスク」、「カノポス容器(内臓入れ)」、「墓の番人であるアヌビス神」、「若き頃のツタンカーメン王と言われるロータスヘッド」を神前にお迎えし、國學院大學 神道文化学部 茂木貞純教授に斎主をお務め頂き、清祓の儀を斎行いたしました。

斎主 國學院大學 神道文化学部 茂木貞純 教授
玉串奉奠を行うCMEモルゲンランド代表の野澤汎雄

■「スーパークローン芸術®」作品とは

 エジプトのミニア大学純粋芸術学部のムスタファ教授が率いるエジプトの彫刻家、彫金師などの専門家たちがツタンカーメン王の陵墓から発見された「黄金のマスク」や「戦車」、「玉座」など3,300年前の至宝を本物と同じサイズで精巧に再現しました。

 私どもCMEモルゲンランドは「日本やアジアの子どもたちの教育芸術文化に役立ててほしい」というムスタファ教授の願いに応え、126点の作品を所有しています。

■「JAPAN ツタンカーメン プロジェクト」とは

「JAPAN ツタンカーメンプロジェクト」は、今後、アジア全地域(中近東およびオセアニア・大洋州を含む)でのリアルとバーチャルの展覧会開催を計画しています。

さらに、映像、ゲーム、マンガ、音楽から教材出版、グッズ製作まで多岐に渡るオリジナルコンテンツ開発します。「JAPAN ツタンカーメン プロジェクト」は、「Re Art & Craft®」「スーパークローン芸術®」の名のもとに全世界に向けて情報発信することを計画しています。

© ANKH